6/7 第49回教伝会 玄義法道之活 合気整体 活法整体セミナー参加報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2020.6.12

6/7 第49回教伝会 玄義法道之活 合気整体 活法整体セミナー参加報告

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます。
お申込みはこちらからできます。

最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みできます。

【整体セミナー活法1】

冨田恵司先生 愛知県豊橋市

6/7教伝会 参加報告です。

玄義という新たな入口が開かれました。

五の自然界の理です。

五大は感覚の世界であり感覚は見る世界ではありません。

皮膚は風や温度や味まで感じます。

皮膚の大事を改めて感じました。

妙見活法の「合気」はとても一般的には想像つかない切り口の理でしたが切れ味は抜群でした。

真の「合気システム」は知って仕舞えば単純明快の世界ですが、相伝を受けなければ、まずわからないと思います。

故に公にはシステムが消失しています。

しかしそのシステムを千葉司家が保持していて、かつ相伝を我々会員がわかりやすく受けれることは奇跡的であり本当に凄いことです。

人の機能は知れば知るほど単純です。

不動金縛り之術は

修行を積んだ行者や僧ができるものという概念が吹っ飛びました。

なぜなら私含め参加会員皆できたからです。

それは道理と操作法の相伝を受けたから為す事ができたのです。

道理を知って胸が昂っても、上がった世界でなく、地道な下手な根張太く強くの世界をのぞみます。

そして妙見様を通じて力をお借りしている事を常とします。

世の中の時節とリンクしている相伝会はとても面白いです。

故に世の事象を読み解き紐解く事が可能になります。

世の中が大きく変化する時、虚が蔓延すればするほど、方向性や立ち位置がわかり、実の輝きが強調されます。

法道は妙見門の入口と出口。

合気によって門を制御し、活殺統制を図る。

下見て歩いて落ちている小銭をコツコツ集めます。

以上で参加感想報告とさせていただきます。

教伝会の相伝

誠にありがとうございました。

愛知県豊橋市 豊橋薬師活法整体院 冨田恵司

【整体セミナー活法2】

栴檀芳之妙乗先生 千葉県習志野市

7日に開催されました第49回正伝妙見活法協会 教伝会「玄義 法道之活」

テーマ  武芸活法の奥義『合気整体の公開』
     ~合気整体システム相伝~

が千葉県船橋市「高根木戸駅」ライツホールにて開催されましたので報告いたします。

合気道などに見られる、ただ触れているだけなのに相手が動けなくなる状態これを「合気」といいますが、

一般的に多くの「合気」を使う武芸では入門者が全員出来ません。

それは体得者自体が理論構築出来ていないからです。

教えられないので、長年の修行が必要といわれてしまいます。

しかし 妙見兵法桓武月辰流 では、「合気」は修行・センス・苦行を一切必要とせず、

1000年前からの自然界より生まれたシステムとして伝承されてきました。

つまりなぜ相手が不動になるのかの理論構築をされているため、

妙見活法では「合気」は誰でも出来るものという位置づけです。

その教え通り行えば武道未経験者でもその日に相手に合気をかけることが出来ます。

現に参加者全員が合気を使うことが出来ました。

「多くの方はそのような簡単に出来る「道」を知らないだけとのことです」と、千葉司家は仰っておりました。

合気とは「殺法」の状態ですが、この理論を逆に使うことで「活法」となります。

その合気整体である「玄義 法道之活」が相伝され、色々な不具合への対処法のご教示がありました。

体を動と不動に分けているポイントがありそこの操作で、活殺のスイッチとなります。

キリストもその方法で人々を癒していたそうです。

またこの合気を使った「不動金縛り之術」も特別相伝されました。

文字通り、気合を一喝いれることで体が動かなくなり、

千葉司家に術を掛けられると、「息を呑んだ」状態になり、息を吐きことが出来なくなりました。。

この術を修得することで、鬱・引きこもりなどの精神治療にも応用できる法術でした。

妙見活法の第5螺旋のスタートからエネルギー療法のような心霊治療のようなあり得ない世界を、

身近なあり得る世界にわかりやすくご指導いただき、

今回も参加者全員がその合気の術を扱うことが出来るようになりました。

教伝会開催にあたりまして、

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな司家秘書

この度も誠にありがとうございました。

ご参加いただいた会員の皆様ありがとうございました。

千葉県津田沼 月辰会活法整体院 栴檀芳之妙乗

【整体セミナー活法3】

山下建 先生 神奈川県横浜市

☆教伝会/

今回も開催を有難うございます。

玄義法道之活

合気整体

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
妙見の法は道なり

妙見の道は合なり

妙見の合は気なり
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この気とは、目には見えないものということでした。
そして妙見は見えないものを観る(観じる)チカラがあり、そのシステムを習得していくと、
現象を構成している五大の要素を感得でき得る。

河川が集中豪雨で氾濫する地域の住民は、流された時は流れに逆らって頑張って泳ごうとはしない。

頑張ると濁流に飲み込まれ溺死してしまう。

自然の動物は流れに逆らわない。
ラスカル助かる(^ω^)

千葉司家はこれは合気だなと感じたそうです。

三船十段のお話もしていただきましたが、
たしかに三船十段の体捌きは空気のようです。

立ち方からして力みがまったくない感じですし、
当時の日本柔道全盛期の猛者達相手に、
あの組手は圧巻です。
力に逆らってない。逆に自爆するように誘導している。
勝手に「勝ち」道が出来上がる。

実技では、五輪法を踏まえた上での第五螺旋の触れでしたので、
滅私の手の精度がめちゃデリケートで活殺の虚実皮膜がそこにありました。

空の部位の大事/
頭上にある物を取ろうという場合、目線を下げた方が手は伸ばしやすい。

クライミングでも、岸壁をよじ登る場合、顔の向きと手を伸ばす方向とはクロス(真反対)にすると一番手が伸びる。
ピッチャーでもメジャーで中継ぎで活躍した岡島などはそういう身体の使い方をしていました。
手が伸びるのでバッター寄りで球を放れるので、有利に働きますね。

反対に顎が上がると死に体になる。
マラソン選手、ボクサーでも目線が上ずり顎が上がってくると、もう限界という目安になります。

有り難いことに前日の奥伝会、教伝会と濃厚すぎて脳内がパンクしてますので、DVDでしっかり復習して参ります!
昂りを受け容れつつ、
地道に地道にを心掛け実践して参ります!

いつもありがとうございます!

神奈川県横浜市 柿の木整体院 山下建

 

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。