9月 妙見活法静岡浜松研鑽会開催参加報告 – 正伝妙見活法協会

2019.9.23

9月 妙見活法静岡浜松研鑽会開催参加報告

静岡県 松本英司会員

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書

会員の皆様と研鑽し合える環境をつくって頂き、誠にありがとうございます。

静岡研鑽会にご参加された会員の皆様の感想をご報告させて頂きます。

第31回静岡研鑽会を佐々木会員の治療院「長生館」にて開催させて頂きました。

静岡市の佐々木真吾会員、冨田恵司会員と私で研鑽しました。

今回はDVDで学習してからの参加でした。

研鑽会で練習して、DVDだけでは分からない、いろいろと細かな所が分かり勉強になりました。

今回は、限られた時間でいろいろと研鑽しましたが、

いかに相手に悟られず、戦わずして勝つという事を考えて練習しました。

牽引にしても、ただ引っ張るのでは実が丸見えで、相手に悟られ、反射的に抵抗が生まれます。

千葉司家から治療を受けてもどんな操作をされているか虚の作法で分からず、無抵抗になります。

プラスにベクトルを向けたらマイナスのベクトルが入る事などで、

ゼロ化されて患者さんは自然な状態になり抵抗が生まれにくくなります。

ついつい忘れてしまい実の治療になってしまうので自然に虚も入れつつ治療する様にしたいと思います。

当日までは、DVDを観ただけでしたので、疑問点や気づきなどあまりなかったのですが、

その後いろいろ試してみると、
股関節の可動域の劇的に改善できる簡単な方法など発見出来ました。

お陰様で充実した時間を過ごせて楽しかったです。

また学びの深まる研鑽会に参加させて頂き誠に有難うございました。

浜松市 松本英司

静岡県 佐々木真吾会員

いつもお世話になります。

静岡研鑽会が開かれましたので
参加報告をさせていただきます。

この度は天帝法道之活の復習と
天帝丁之活の研鑽しました。

第四螺旋に入りますます張力が重要視され
手先の動きだけではなく体全体、
滅私の作法によって張力を高めるよう
皆で研鑽を致しました。

引き合っても上滑りをしたり力が抜けてしまい肝心な浮力や張力が抜けてしまうばかりです。

また法道之活の基本である「止まれば他が動き出す」の要点も
張ってはいても全体がブレるので、
止まるという作用がどうしても薄れてしまう事を強く感じました。

三時間という限られた時間の中で今回もあの手この手を使い集中して研鑽出来なと思いました。

また、次回は移転する冨田会員の治療室で研鑽したいと思います。

以上で静岡研鑽会参加報告とさせていただきます。

有り難う御座いました。

静岡県 長生館 佐々木真吾

 

愛知県 冨田恵司会員

静岡研鑽会 参加報告

佐々木会員の治療院で開催されました。
場の提供ありがとうございました。

北辰丁之活を中心に研鑽を行いました。

止からの一線で正では、
丁の形象になっているか。
相手と一致しているか。
ハンドリングの動作が不自然ではないか。
牽引が抜けないか。
を注意しながら行いました。

基本的な動作の中で触れ手が力んでしまうことがあります。
過去何度もアドバイスを受けていますが、根本的に理解がなくまだまだモノにできてなかったです。

頭と身体の不一致があると施術にムラができます。

改めて参加会員皆様のの洞察力に感服でした。

仰向け丁の形からの上体起こしでは、
張力を維持したまま身体の重心移動を上手くすると、楽に起きてもらえます。

研鑽会後の臨床で行うと、難しかった高齢の女性でも上手くいきます。精度が上がっていていることに気づきました。

参加会員の皆様
誠にありがとうございました。

冨田恵司

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。