第43回教伝会スペシャルプレミアム【天帝光陰之活】活法整体セミナー~ 光と陰を操る整体法~『― 光能く陰を制し 陰能く光を断つ ―』~ 偏頭痛の一瞬消滅法! ~開催報告 | 活法整体セミナーなら1000年の歴史がある「正伝妙見活法協会」

2019.12.4

第43回教伝会スペシャルプレミアム【天帝光陰之活】活法整体セミナー~ 光と陰を操る整体法~『― 光能く陰を制し 陰能く光を断つ ―』~ 偏頭痛の一瞬消滅法! ~開催報告

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからどうぞ

最新整体セミナーDVDお申込みはこちらからどうぞ

令和元年 12月1日正伝妙見活法協会 第43回教伝会スペシャルプレミアム【天帝光陰之活】

~ 光と陰を操る整体法~『― 光能く陰を制し 陰能く光を断つ ―』~ 偏頭痛の一瞬消滅法! ~

☆天帝光陰は玄武の拮抗作用なり 天帝光陰は玄武の亀甲作用なり 天帝光陰は表裏合成の作用なり

外と内の世界 張力が重要なポイント 光が入るのも張力 影が出るのも張力

☆テーマ 光と影を操る整体法 「光能く陰を制し 陰能く光を断つ」二面性があることが重要なポイント

☆偏頭痛の一瞬消去 ~光・陰の作用は拮抗なり~ ~光・陰の作用は亀甲なり~

妙見活法的「片頭痛」と「偏頭痛」の使い方ととらえ方の基礎知識

光陰の意義は表裏なり 光の作用から学ぶ天帝光陰之活 

西洋医学的とらえ方と妙見活法的なとらえ方 霧島之活とリンクする話

☆実技 頭がうずく症状がある参加者絵の実技 解説 教授 妙見活法のとらえ方と西洋医学の限界

妙見活法での活路の実践方法 患部をとらえるのではなく全体を整える妙見活法の妙

的をえた治療とは・・・流鏑馬から学ぶ天帝光陰之活=全部の血液 血管が整う妙見活法

「てのひら」から「手の甲」への妙見活法の星物語から学ぶ正しい天帝光陰之活

☆実技 視力回復の実技 近視の改善 老眼の改善 解説 教授 目に光を透過することで血流の改善から症状の改善をはかる天帝光陰之活

驚愕!!23年前からの水晶体の異常が瞬間改善!! 23年見えなかった視点中心の違和感解消!!

天之七道之法術での何十年も前の負傷後遺症への応用の話

時間経過は関係ない妙見活法 過去世をも変えることが・・・!?

千葉先生の「手の甲」のセンサーのお話 天之兵主部之法術から天帝光陰之活 手の回転による活法

美容への分野への天帝光陰之活・・・落ちない皮膚 鍼治療への天帝光陰之活の応用術・・・光の鍼治療

「笑門福来」・・・口に光が入ることで健康維持向上の妙見活法的とらえ方 自然摂理の解説

体調不良と夜と布団と影の作用の話から学ぶ天帝光陰之活

最新西洋医学の光治療の現状と展望と妙見活法の1000年前からの積み重ねによる先見の妙法の話

リウマチ難病会での施術のお話から学ぶ天帝光陰之活

☆実技 膝が伸びない 膝が曲がらない 瞬間消去 脳のリセットで症状の完全消去 実技解説 教授

頚椎の症状 肩こりの治療への応用方法 実践教授 

個人への施術のポイント 手段治療での施術のポイント 相手に寄り添う施術とは・・・

妙見の教えは形式にとらわれないが中心がぶれないことであとは臨機応変に活用する術理

時間をかけた治療は一瞬治療ができてこそ更に効果 リピート 次の展開がうまれる至極当然の術理の話

「我」を入れない治療家になるための実践術の講義

「影」を作り「光」の効用を更に高める極意伝授 濃い影は 濃い光を生む!!握りの重要性など・・・

☆実技 結帯動作不良の瞬間改善 頚椎動作の改善

患者の光陰を使った絶妙な改善術 痛みの移動があった時の的確なとらえ方と天帝光陰之活

10数年長期間の疼痛から起こる全身の動作不良の重度の患者さんへの対応の話から学ぶ天帝光陰之活

「生活背景」妙見活法の症状の原因のとらえ方の重要なポイント解説 教授

先天性 DNA由来の病態とは・・・「影響」を受けている 影の世界で対応できる解説

千葉先生の小学一年生の頃の引っ込み思案からの「自己改造」の話から学ぶ上手な「手のひら返し」の講話

今まで相伝された妙見活法への「手の甲」の活用により更に効用範囲の拡大と精度アップする術理の解説

光陰の意義は表裏なり天帝光陰之活「手のひら」が表ではなく裏である認識をもって活用すると良い講話

死に装束から学ぶ「光」から「影」 「影」から「光」の世界へと進む自然法則の解説

光と影の合流 光は広がり 影は集まる 「引っ張りだこ」「ドミノ倒し」から学ぶ 光と影の世界の摂理の解説教授

光陰の整えを以て表裏を整えよ 光が強ければ 影も強くなるということの意味 

がん細胞の話から学ぶ 影の世界と光の世界の摂理解説

内蔵調整の天帝光陰之活の絶妙な活用術 「トランス」にする触れを天帝光陰之活でのとらえどころ

偏頭痛の原因 900万人の患者と改善の展望からの経営法

「手の甲」による光の効用で「背景」がなくなり症状が改善する自然節理の解説教授

「てんかん」の「応急手当」わらじの話から学ぶ天帝光陰之活

「天帝光陰之活 応急手当」 「やけど」初期応急手当 「打撲」初期応急手当  実践術教授

「光」を上手く入っているかが非常に重要

「光」の進み方「光」の回転性「光」のイメージング 妙見活法の妙 「止まらない」世界の構築

「光」の作用は3回ぐらいまでが良い話 薄まると効用が出ずらくなる話

手の触れ方 手の離し方 天帝光陰之活の絶妙な触れの解説実践教授

☆実技 耳鳴り 三半規管の不調の時の施術のポイント解説実践教授

☆実技 天帝光陰之活による「落ちない腕」気が付かれない触れの重要なコツ伝授

☆拡張と収縮を合流する光陰玄武の整え 

玄武の話から学ぶ 亀の甲の重要な講話

難病を手技治療を超越した妙見法術の世界のとらえ方からさらに適応無限への真のかんながらの道の講話

「こうやればなおる」=「甲やればなおる」思考を整え認識することの重要活用術理 講義

気軽に気楽に行うことで 患者さんよりも施術者がびっくりするぐらいが良いとらえどころの話

この世界から始まる必然的に起こる「口コミ」の至極当然の世界の話

待ってました!!

千葉司家が会員の皆様からのご質問に回答いたします

復活「一門一統」!!

問)前回天帝太一之活の際に目でその場所でおうように教導されましたが「滅私」とは異なるのでは?

答)目でその場所をただ見ていればよい 「滅私」とは工夫 思考 予想がNG

問)妙見活法の治療以外での修練方法があれば教えてください

答)妙見活法は修業はNG 「楽しむ」ことで「楽」にすることができるのが妙見活法の妙

問)「イケメン」ですねと2度お会いした時に千葉先生から言われたのですがなぜなのですか?

答)容姿よりもその方の背景から感じる内面的なところが素晴らしく感じたときに言っています

問)過去の相伝会の再講習をしていただきたいのですが?

答)ご希望の方は梅原企画局長にご相談ください どのような形になるかは整いましたら開催も可

奥伝予告  イビキ無呼吸症消滅の秘技 天之甲道之法術 実技デモンストレーション

以上

令和元年12月1日開催

第43回正伝妙見活法協会教伝会「天帝光陰之活」総本部開催報告  前野

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。