9/1第40回教伝会 天帝丁之活 側彎症瞬間整体 参加報告No1 – 正伝妙見活法協会

2019.9.8

9/1第40回教伝会 天帝丁之活 側彎症瞬間整体 参加報告No1

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからどうぞ

お申込みはこちらからできます

【整体セミナー活法1】

山下建先生 神奈川県

千葉司家、前野会長、ハッピーさん、会員の皆さま、いつも大変お世話になっております。
よろしくお願いいたします。

神奈川県横浜市 かきの氣整体院 山下 建こと、ヤマケンです( ´ ▽ ` )

本日の教伝会開催をありがとうございます!!

「天帝丁之活」

「丁」は使い勝手がよく、毎回好きな活です(^^)

そして、天帝シリーズの丁は、

脊柱側弯症の症状にもってこいの活!!

(なんにでも活用できるのですが敢えて(^_^*)

はじめに、脊柱の確認。

前屈し背中の凹凸を確認した上で、

一から全の腕の操作であれよあれよと言う間に凹凸が消失していったのは驚きでした!

「止」に一引きを以って

正合させよ

(丁の融合体が止)

丁が転換し、上下が逆転してしまう。

その後に、立位で片腕での丁→止→正(生成化育)

シンプルかつ効果的に洗練された術がありました(まだまだ奥があるのでしょう、、)

教伝会では、わたし達会員の腑に落ちやすいよう千葉司家から丁寧にご教示していただけてますので、毎回本当に有難いことです。

始まりなければ終わりもなし

「牽引」

牽引の深さを、痛切に感じる今日この頃です。

捨てて行く端の目を持つことで

現在進行系になり久遠常在への道筋を辿ることになる。

これは、治療や経営に於いても言えることで、節目節目を陸上の200M走に例えればとの話があり、

〈スタート→立ち上がり→疾走時→コーナーの走り→フィニッシュ〉

いつまでも爆発力を優先するスタートと同じくな姿勢では、疾走時には逆に失速してしまいますし、

節目節目の機を捉える大切さを感じました。

水は方円に従う。

牽引、面白いです!!

やわらかく反射できるように磨いて参ります!

阪野祐介先生 愛知県

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
愛知県大府市 共和阪野活法整体院の阪野です。

9/1に第40回正伝妙見活法教伝会
が開催されました。

参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

今回の教伝会は新規の方が4名参加され
開催されました。

テーマは、

「自然治癒力を一瞬で旺盛にせよ」

相伝は、

『天帝丁之活』

止と丁が関係しているなんて…

最初に丁のイメージについて
わかりやすく解説をいただきました。

丁はT型レンチのようなイメージであり
他にも竹とんぼ、机、郵便局の記号
などなど沢山存在します。

妙見活法は何にでも効いてしまいますが
今夏は「側湾症」にフォーカスして進行されました。

側湾症の実技は
目の前であれだけ変化がでるのか
と驚きの連続でした。

Tの形が側湾症に活用できるとは
想像できませんでした。

一手ごとに体は変化していきました。

少しコツがありましたが
慣れるまで少し時間がかかるかな
と感じました。

Tを⊥に変えていく作法には
目からウロコでした。

「反転との同調とはそういうことか!」
と納得できるのではないでしょうか。

全部をコントロールするのは「丁」

印象的な言葉が
「丁の形にならないとハンドリングできない」
ということです。

逆に言えば、丁の形さえできれば
ハンドリングは可能になるということ。

飛行機であってもハンドルであってもTの形です。

物理的な牽引は丁の形にすることで容易になりました。

丁の形は中心が勝手に作れてしまう…

なんて奥深い作法でしょうか。

これを1000年前に看破された千葉一族は
どのような感性・思考・視点を持っていたのか
不思議でなりません。

千葉司家は仰られました。

「意味さえわかれば誰にでもできる」

ことあるごとにお伝えしてくださっております。

言葉通りに信じて実践していくのか
疑念を抱きつつ実践していくのかでは
雲泥の差が生じると思います。

実際に現場にいた会員の皆様は
自分でもできるんだと感じられたことが
多々あったのではないでしょうか。

今回は実技を中心に
会員が前に出て施術し合うスタイルで
様々な症状を改善されました。

私自身、足首を捻ると痛かったのですが
まさか腕一本の作法で治ってしまうなんて
衝撃的すぎました。

あまりにも簡単な作法に見えますが
これまで教導いただいたエッセンスは
至る所に散りばめられているように思いました。

最後に牽引による拮抗が作れるように
ご教授いただきました。

これは妙見活法を学んでいく上でも
非常に大切な教導であったと感じています。

牽引がしっかりできるようになれば
臨床での応用が増えていくと思います。

小手先のテクニックに走らずに
しっかりと作法を修得してまいります。

前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家、

今回も深い教導を賜り、
誠にありがとうございました。

由利はるな初日秘書、運営スタッフの皆様、

司会進行、会場設営準備、ビデオ・カメラ撮影など
見えない部分で支えてくださり、
ありがとうございました。

正伝妙見活法協会会員の皆様

実技などで大変お世話になり、
ありがとうございました。

次回の教伝会も楽しみにしております。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

今後とも宜しくお願い致します。

愛知県大府市 共和阪野活法整体院 阪野祐介

伊藤良太一玄先生 宮城県

9/1教伝会参加報告をさせていただきます。

天帝丁之活の新たな術理が公開されました。

丁の形象によりここまで身体が変化するものなのか!
と撮影しながら感動していました。

側弯症がその場で、一動作で変化する手技は
治療業界にあるでしょうか?

一見すると簡単な動作ですが
その中には細かい術理が含まれていて
復習は必須です。

身体にまだ染み付いてない動きや術理がまだまだあり
自分の動きになることで深い効果にはなりません。

遠心性と求心性が含まれる『T』という形象。

十字レンチのお話はとてもわかりやすく
簡単に理解出来ました。

違うベクトルからのアプローチにより
本来動かしたいベクトルを動かすのです。

天位之活の奥伝会でご教授頂いた
「他のことにする、話題を変える」ということにも
繋がりがあるように考えました。

物事はなんでも全て繋がっていて
その繋がっている部分がいわゆる『本質』なのでしょう。

その本質は自らの目で見つけるとこは人生をかけなければわからないことだと強く感じますが
千葉司家の学びは全てが本質で
自ら見つけることは必要なく、
自らの動きがあればご教授を受けることは出来るのです。

何事も自らの動きが全ての始まりのきっかけであり
そこも物事を起こす本質なのだと思います。

その『本質』を学べる環境、
ご教導くださる千葉吉胤妙星司家に
心より感謝いたします。

今後もよろしくお願い致します。

前野功妙経会長
開催にあたりまして
ご対応ありがとうございます。

由利はるな初日司家秘書
司会進行、気配り目配りをありがとうございます☆

参加されました皆様
ありがとうございました。

次回もよろしくお願い致します。

宮城県白石市 白石接骨院いとう 伊藤良太一玄

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。