治療に悩む整体師の方へ|活法の整体セミナーなら正伝妙見活法協会 | 正伝妙見活法協会

整体師の方へ

整体師の方へ 会員の声①

岐阜県 龍門活法整体院
院長 大脇猛妙元

正伝妙見活法協会に入会して私は、治療とは本来どういうものなのかを学ばせて頂きました。

妙見活法の修得に励む中で、治療という概念は大きく一変しました。

妙見活法は、他の治療技術や考え方、見方とは視点が全く異なります。

普通では思いも寄らない逆転した発想、逆手に取る操作法でアプローチします。

なので、普通では有り得ない、思いも寄らない治療結果が生まれます。

ダイレクトに効く、インパクトを与える治療が身に付きます。

一千年の理論構築という裏付けが備わった妙見活法は、他の治療テクニックからは教わる事ができない唯一の治療法です。

その技は千葉宗家から直接ご指導頂けるので、必ずものにする事ができます。

治療の道を極めるには、治療の本筋本道を歩まなければそこに到達する事はできません。

日本古来から伝わる妙見医道という道を正伝妙見活法協会で歩ませて頂いている事には本当に感謝しています。

大脇妙元

https://ryumon-seitai.com/

整体師の方へ 会員の声②

千葉県 せんだん接骨院
院長 栴檀芳之妙乗

過去の私もそうでしたが、色々な症状の患者さんに対応するため、
様々なセミナーを受講しておりました。
腰痛のためのセミナー・内臓の為のセミナー・コリなどの筋肉を緩めるためのセミナーなど。。。
それらのテクニックは例えば腰痛セミナーであれば、腰痛しか対処できないテクニックでした。
そのため、では内臓のアプローチは? 全身の筋肉を緩めるには?と
部位ごと、症状ごとに色々なセミナーを渡り歩かないといけない状態でした。

妙見活法というのは、解剖学をベースにした殆どのテクニックセミナーと根本的に人体に対しての考え方が違います。
そのため、その治療術というのは「〜の症状を治すため」という考え方ではなく、
不具合のある場所が筋肉・関節・内臓・精神・神経とどこであろうと関係なく、
「活法」という人体の蘇生術を施すことで、端的に「不具合の場所を元の快適な状態に戻す」という
患者さんが根本的に病院なり整骨院・整体に求めていることを解決できる唯一の治療手段だと思います。
そして不具合のある場所がどこであろうと関係なく・・ということは、妙見活法だけで総ての場所・症状に対応できるので、
あれこれ治療セミナージプシーにならず総てが網羅された「オールインワン」の治療術だといえると断言できます。
他の治療セミナーでは対応できない一般的にその場で症状の改善が難しいとされる痺れや麻痺・または捻挫・打撲・肉離れなどの外傷も、
その場で痺れが治まったり、外傷の腫れがその場で引いていくということも妙見活法では当たり前の現象となっております。
治せる治療家を目指しているのであれば、私は迷わず正伝妙見活法協会の「妙見活法」をお勧めいたします。

https://sendan-sekkotsuin.com/

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。