正伝妙見活法協会について|活法の整体セミナーなら正伝妙見活法協会 | 活法・合気の整体セミナー・整体スクールなら「正伝妙見活法協会」

正伝妙見活法協会について

『活法』とは

活法とは、日本古武道の中で素手武術を中心とする「柔術」に伝承される治療施術の技法の事です。



活法は、絞め技で気絶(落とし)させた状態から覚醒(目覚め)させる独特の人工呼吸法が代表的なものですが、これを分類上「覚醒活法」と言います。
覚醒させるための活法ですので、救命救急の人工呼吸法の技法になります。

この覚醒させるための活法には、胸部を操作し呼吸を誘う「誘活」や「襟活」や「総活」などがあります。
また、背部に操作する活法として「背活」、「極活」、「真活」さらには、腹部や頭部を操作するものもあり、覚醒されるための活法の技法だけでも多岐に渡ります。

これらの活法と共に、投げ技や当て身技等で身体に怪我や損傷を受けた場合に速やかに正常に戻すための「整複活法」と呼ばれる活法があります。
整複のための活法は捻挫や脱臼の応急処理をする技法です。
あるいは骨折の処置の技法等も、この活法に含まれます。
現在の「柔道整複」は、この「整複活法」を継承しています。

これらの他にも活法には腹部の中枢神経を調整する「整胎活法」や身体全体の調整を促す「正体活法」などがあります。
さらに活法を広範囲に捉えますと水難事故に対応する「水活」と言われる飲み込んだ水を吐き出させる救命救急の応急処理の技法まで含まれます。

日本古武道の柔術では、人を倒すための技法である「殺法」と怪我などを正常に戻すための「活法」が表裏一体として伝承されて来ました。
それに対して、同じく日本古武道のひとつである剣術や弓術あるいは槍術等の武器を扱う専門武術には、あまり活法の伝承は見当たりません。

これは素手での戦いを中心とする柔術が「手技」を追及している武芸である事によるものと考えられます。
活法が日本古武道の中でも柔術で深く探求されて来た大きな理由は柔術が「素手武術」のためだと想像できます。

また、様々な流派に伝承される活法を詳細に確認すると、その柔術を創始した方がどのような体型だったのか、あるいはどのような柔術技法を追及していたのかと言う事が想像出来ます。

ある流派の活法は、力技であったり大きな操作であったりしますが、これは創始者が、恵まれた体型の持ち主だった事が想像出来るわけです。

その反対に、その活法が繊細な細やかな操作を基本にしているものもあります。
この場合は、この柔術の創始者が、比較的に身体が小柄で技巧者であった事が想像出来ます。

また、水難事故を救命救急する水活と言う活法を得意とする流派は、海を所領に持つために水軍に力を入れていた流れを持っている事が想像出来ます。

活法整体とは

活法整体とは、日本古武道の柔術に伝承される多岐に渡る活法の中の、ひとつのジャンルに属する手技療法の事です。

null
null

一般的に「活法」と言うと、気絶した状態から覚醒(目覚め)させるための救命救急の人工呼吸法の技法をイメージされる方が多いようですが、活法には全身を調整する「正体活法」が伝承されています。
現在は「活法整体」あるいは「整体活法」などと呼ばれているものです。

明治維新以降、武士が身分や職業を失ったために、いわゆる民間医療として市中での活法の治療が広まりました。
また、日本古武道の柔術も武士の世界から民間一般に広まりましたので、その結果として「活法整体」の施術技法も少しずつ知られるようになりました。

それまでは身体の不具合を治すためには「薬草」などをはじめとする「和漢薬」による内服の療法が一般的に行われていましたが、明治維新後には「あんま術」とは違う「活法整体」の技法による外科的な手技療法も利用されるようになりました。

この「活法整体」には腹部の中枢神経を調整するものや、背部の神経を調整するもの、あるいは筋肉系統を調整するもの、さらには骨格を調整するものなど数多くの種類があります。

いずれにしても活法は日本古武道の柔術の技法から広まったものですので、その流派によっても、その活法の施術技法は様々であり多岐に渡ります。

しかし日本の近代化と共に伝統的な古武道は講堂館柔道をはじめとするスポーツ化の影響を受けて正統な伝承は衰退の道を歩む事になりました。
多くの優れた活法は、残念ながら現在には、ほとんど失伝されてしまっている状況です。

活法の技法を一部伝承している方もいるようですが、悲しい事に本体の柔術を極めていないために、本来の活法とはだいぶ異質なものになっていると言われています。

手技療法とは

手技療法とは、徒手空拳による機器や道具を用いない治療術の事です。



手技療法は、古今東西、古くから行われてきたものですが、薬や道具などを一切使用せずに手技だけで行う治療術です。
日本では、特に明治以降に広まりました。

手技療法とは「触り」や「揉み」や「擦り」などの操作により身体の物理的刺激や神経反射などにより、筋肉や関節あるいは骨格などの各組織の調整を期待する治療法です。

現在、多岐に渡る様々な手技療法が行われていますが、経験測を重ねて発展してきたものや伝統的なもの、慰安的なもの、あるいは新たに開発されたものなどが混在します。

手技療法は、国家資格により定められている医業類似行為の按摩、マッサージ、指圧、柔道整復術並びに医療従事者の業務である理学療法まで、多くの種類があります。

手技療法として、一般的に知られるものに整体・指圧・操体法・オステオパシー・カイロプラクティックなどがあります。
その他にもエステティック・エステマッサージなども手技療法のジャンルに属するものとなっています。

どの手技療法が優れているのかと言う判断は、そのクライアントの要望あるいは要求に左右されますので一概には判断出来ないものですが、いずれにしても手技療法に求められているものは安全であり効果がはっきりと確認出来る事でしょう。

医療の補完的なものであるためには、それが唯一の定義になるのです。

整体院の売上を伸ばす妙見活法とは

妙見活法は整体院の売上を劇的に伸ばすと言われているようです。
それは何故なのでしょうか?

null

まず整体院に求められている事はクライアントの要望あるいは要求を完全に実現出来る事でしょう。
そのためにはクライアントの経済的な負担、あるいは時間的な負担、あるいは精神的な負担が無い安全でスピーディーな施術が出来るかどうかと言う事になるわけです。
そして、クライアントの満足の度合いが高いかどうかが重要になります。

妙見活法による整体は「楽しい・嬉しい・気持ちいい」と言う整体院に求められている三大要素が明確に実現出来るように技術システムが構築されています。ここが整体院経営の基本であるリピートの確率の高さのひとつの原因になっているようです。
そして、妙見活法を取り入れている整体院の特徴は、生の口コミの多さと言われています。

そして副次的な利益として、妙見活法を取り入れている整体院は労務の負担あるいは時間の負担あるいは施術料金の設定への負担が無くなると言われています。

そして、一番重要な事は妙見活法は「感覚器官」への施術であるためにクライアントからの「感動」を得る場面が非常に多い事でしょう。
これは、とても有難い事ですし、何より治療家冥利に尽きると多くの方が言われています。

いずれにしても、市中に量的に在り過ぎると言われている整体院の経営は今後ますます難しくなる事が容易に想像出来ます。
厳しい話ですが、生き残るための基本方針を、今この時点でいち速くしっかり作らなければならないのが現状と言えるでしょう。

クライアントを感動あるいは感激させる確かな治療技術が今、求められているわけですね。
確かな技術、確かな理論、確かな結果、確かな信頼、確かな利益……

それを実現するためには、確かな本物を修得する事に尽きるのではないでしょうか。

妙見活法を取り入れて整体院の売上を、実際に劇的に伸ばしている方に直接会ってお話を聞くのもひとつの手かも知れませんね。

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。