正伝妙見活法協会 |

治せるのか治せないのか それが総てである

正伝妙見活法協会について

「正伝妙見活法」とは、1000年以上の歴史を持つ古武術「妙見兵法桓武月辰流」の裏の技法です。
殺法である武術の術理を逆転させて活用することで、故障や不具合を治し、人を活かす蘇生術や治療術・整体術を「活法」と言います。
「正伝妙見活法協会」では、歴史ある妙見活法を使って、現代の体の不具合に対応できる術を習得することが出来る
整体セミナーを定期的に開催しています。

整体師の方へ

よりスキルアップを目指したい方
今までの施術では対応しきれない症例はありませんか?

柔道整復師の方へ

保険診療から自費診療への移行をお考えの方 決め手となる技術を
手に入れませんか?

鍼灸師の方へ

時間のかかっていた症状へ
短時間効果をお考えの方
今までの東洋医学も生かして
更に一手進めてみませんか?

セラピストの方へ

正直体力的にキツイとお考えの方
施術者もクライアントも楽になる
そんなテクニックを
求めてみませんか?

Recommended content

教伝会は、活法の術理を基礎から学ぶことのできる整体セミナーです。
講師である千葉吉胤妙星がしっかりと治せる術理をお伝えします。

「正伝妙見活法協会」を教導する
千葉吉胤妙星は、鎌倉幕府を陰で支えた千葉常胤公、幕末の剣豪で北辰一刀流の創始者である千葉周作の末裔にあたります。

臨床報告

2019

11月

14

臨床報告

【臨床報告】「発声障害」「不眠」「脳梗塞後遺症」 坂下武幸先生

最新整体セミナー御案内はこちらからご覧いただけます お申込みはこちらからどうぞ 最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます 臨床報告 坂下武幸先生 東京都世田谷区 七道之法術を相伝頂く前は、可動制限や動作の不具合は大抵霧島之活や逆鉾之法術で対処していました。 この二つは、それほどにシンプルで使いやすく、それまでの臨床が随分変わりました。 今回の七道之法術は、自分で使ってみると今までで一番可動制限を初めとした不具合全般に対して効果を感じています。   40代男性 アーティスト 高音が出せな 一番自分でも衝撃的だったのが、アーティストさん(ボーカル)で以前2年ほど前に喉のポリープを切除した箇所に、 白板症状という癌腫瘍の手前の腫瘍ができていて、 それによって高音が出せなくなったという方に七道之法術を使ったケースでした。 1月までに状態が変わっていなければ切除、 そうすると前とは同じパフォーマンスは発揮できないだろうという切羽詰まった状態で来ました。 声帯が上手く左右に振動しないイメージだったので、左右の外れで七道之法術をかけました。 かけた状態で声を出してもらうと、最初掠れていたのが、どんどん出やすくなるということです。 最終的には問題なく高音が出るようになりました。 ちなみに、右にスライドした状態だとどんどん出るようになりましたが、左にスライドした状態では変化しませんでした。 右にスライドした状態で、且つ少し全方向でハマる場所に誘導して声を出してもらうと出るようになりました。 これにはかなり喜んで頂き、次の週も効果は維持できていました。 白板症状自体はもし変化がなければ、知り合いの医師が使っているマイクロ波を使ってみることを勧めました。   20代男性 不眠 体のおもだるさ 特に朝重いだるさが抜けない、この数日眠れないということで来ました。 左背面の肋骨部が盛り上がっていて、触診すると腎臓より膵臓のようだったので、 教えて頂いた検査法を使うと全く両脚が上がりませんでした。 聞くと甘いものをかなり食べるようです。 千葉先生が○○会員に使ったようにうつ伏せで七道之法術をお借りすると、 冗談のように両足がビヨーンと上がるようになり、背面の盛り上がりが全くなくなりました。 本人が言うには、首の操作をされた状態でどんどん腰部に熱感のようなものが流れてくる感覚だったということでした。 その後の報告では眠れるようになり、朝の思いだるさが出なくなったと言うことでした。   40代男性 脳梗塞後遺症 この方は、肘、肩の拘縮が抜けて動きやすくなったものの、内反がどうしてもよくならない方でした。 仰向けで左足首を回内回外動作してもらうと、動かしづらいとのことです。 右足から牽引をかけた状態で動かしてもらうと動きやすくなるようですが、手を離すと戻ってしまいます。 右足首と右膝から幾つか操作を加えましたが、手を離すと左足は重くなってしまいます。 この、操作を加えている状態では動きやすくなるが、 手を離すと動かなくなると言う現象は特に脳卒中の後遺症の方々について大きな課題でした。 それが、頸から七道之法術をお借りして操作し、左足首が動きやすくなった状態を確認してもらい手を離すと、 動きやすさが維持できているといいます。 これは今までなかった変化で、さらに歩いてもらうと内反がほとんど出ません。 本人も今までで一番楽だということでしたが、それ以上に何故楽な状態が維持できているのか私自身がはてなマークでした。 これは、頭部から上手く連動し、神経回路の往復ルートがしっかりできることで、 中枢からの命令の行き来がスムーズにできるようになったのではないかと思いました。 最近感じていたことが、内反がしつこくでる方というのは、 中枢からの命令がしっかり抹消まで伝わらずに抹消と脊髄のやりとりで終わってしまっている状態なのではないかということです。 七道之法術の後に手を離して、動きやすさが形状記憶されたのは、 頚部がニュートラルな位置に入りそこから強い信号が足首まで伝わることで回路がしっかり開通したんだと解釈しました。 内反の変化が数ヶ月頭打ちだったので、その後の経過が楽しみです。 これらのケースは、七道之法術の相伝がなければ対処できなかったんじゃないかと感じる症例だったので特に報告しました。 他にもヤンキー座りできない方がその場でできるようになったり、 深く伸脚すると後ろに倒れてしまう方がその場で正常に伸脚できるようになったり、 階段を降りる時の膝の痛みがなくなったり、長年の股関節の不具合がその場で消えたり、 七道之法術の効果には目を見張る効果が続出です。 これからこれ以上の法術がまだ沢山控えていると思うと、末恐ろしい感じがありますが、 素晴らしい相伝の数々、有難うございます!

2019

11月

1

臨床報告

【臨床報告】「股関節痛・歩行障害・喘息・手術後の違和感」古賀文枝先生

最新整体セミナー御案内はこちらからご覧いただけます お申込みはこちらからどうぞ 最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます  

古賀文枝先生 東京都杉並区

50代女性 股関節内旋位が強く股関節、足首が痛くて歩行しづらい状態

天之七道之法術で痛い状態を出してもらい回旋動作(回り道)をお借りしたら内股に入っていた足が真っ直ぐになり、 重心が外側から内側になり痛み消失歩きやすくなりました。

60代女性 喘息で息が吸いにくい状態

天帝丁之活、天之七道之法術、喘息の人にやる3点セット 相手と交流する世界での呼吸法 胃が硬かったので胃潰瘍の法術をおこないました。 患者様の感想は 呼吸が楽になり息が入ってくるようになった。 鎖骨から上の力がいらない軽さと 天井からおいでおいでされてる様な感じ。 上に引っ張られている浮いている感じ。 いつもは肩を下げて首を伸ばして頑張ってた感じが全く無い。

70代女性 大腸癌術後、手足先の違和感、左膝屈曲困難、手の母指屈曲痛みで困難な状態

天帝天位之活にて膝裏牽引、天帝丁之活にて体液を流し、丁之瑞穂リラクゼーションで更に流すようにして、 母指屈曲は天之七道之法術の左右にて痛み屈曲改善しました。 膝の痛みも無くなり正座出来る様になってきました。

80代女性 左股関節から大腿部外側、臀部が痛くなり破行状態での歩行。

丁之活にてバランスを整え、天之七道之法術の上下と左右をお借りしました。 バランスが崩れて外側で頑張っていた事で耐えられなくなっていたので姿勢がかなり崩れていました。 整ってくると引きずっていた足に体重が乗り、しっかりとした足取りになり痛みも無くなり中心へ重心がよりました。 その他、天之七道之法術をお借りしていますが、施術後は軽く上へ引っ張られる様な感じがして何でも出来そうなくらい楽になる との感想が多いです。 また、三輪会員の殺の触り方で膝の痛みが改善した動画はとても参考になりました。ありがとうございます。 90代の女性に早速やってみたところ、膝の屈曲伸展が出来る様になりました。 以上 これからも研鑽しながらお借りしていきたいと思います。 東京都杉並区 古賀文枝  

2019

10月

31

臨床報告

【臨床報告】「手の腫れかゆみ」「膝関節痛」「術後の癒着の痛み」

最新整体セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます お申込みはこちらからどうぞ 最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます

三輪哲朗先生 京都府京都市

アトピーとアレルギーによる手の腫れかゆみ

アトピーと黄色ブドウ球菌による感染を併発し、 手の荒れている患者さんが劇的に良くなってきています。ご報告いたします。 40代 女性 アトピーとアレルギーによる手の腫れ、かゆみ もともとアトピーでの治療を継続的に受けていらした患者さん 8月頃に両前腕と手背に腫れが生じる。 日に日に悪化するので、皮膚科を受診してもらった。アトピーだけでなく、 免疫力低下により常在菌の黄色ブドウ球菌による感染症、アレルギー症状を併発と診断された。 9月に相伝していただいた天帝丁之活と上肢を用いた天之瑞穂之法術にて治療を行いました。 治療直後からカサカサ感や熱感が改善して、潤いが皮膚に生じました。 治療するごとに皮膚のターンオーバーが活発になり、皮膚がボロボロと落ちて、皮膚がきれいになってきました。 8月には手に負えなくなっていたアトピーと感染症による手の症状でしたが、 新たに相伝していただいた活法をお借りすることで劇的に効果が出ています。 瑞穂なので、体液の流れが良くなったので、皮膚が改善してきたと思います。 千葉先生 いつも素晴らしい相伝していただき、ありがとうございました。今後も研鑽していきたいと思います。 変形性膝関節症 いつもお世話になっております。 天帝一条之活 殺の触れをお借りしての症例を報告します。 患者 70代 女性 主婦 主訴 左膝関節痛 もともと変形性膝関節症を患っているので、毎晩、膝関節を自分でマッサージをしていた。 10/26 お孫さんの世話で疲れたので、特に念入りにマッサージをしていた。 その夜に寝ていると右膝関節が疼いて痛みが生じ、寝れなかった。 10/27 痛みが強くなり、膝関節が腫れて、下肢を引きずりながら来院された。 左膝関節の外側、腫れ、熱感が強い。屈曲伸展が動かしずらい。 天帝一条之活の奥伝会に相伝された殺の手をお借りして治療を行いました。 1.左膝関節の膝蓋骨内外側、上部と下腿を殺の触れで軽く触れる。 ⇒動きがスムーズになり、外側の痛みは改善し内側に痛みが出てくる。 2.再度、膝関節裏を 殺の触れで触れる。 ⇒動きが更にスムーズになり、内側の痛みは楽になりました。 3.最後に膝蓋骨を挟むように左右から活の触れで触れる。 ⇒痛みと可動域、動きが改善しました。 帰宅時は普通に歩かれました。 治療時間も5分少々で、患者さんの頭も???の状態となりました。 今回の症例も触れの大事さを感じました。 千葉先生 今回も素晴らしい相伝をありがとうございます。今後も更に精度が上がるように研鑽します。

腹部手術痕の痛み

80代 女性 盲腸ガン 後の右下腹部の痛み(癒着) 5年前に盲腸ガンを患い、それから、胃の膨満感、ゲップ症状が発症し、鍼灸治療を主に行っていました。 治療を行い、ほとんど上記の症状が発症しなくなり、たまに、軽い胸やけを生じることがあり、 その時は市販薬を飲んで、症状を抑えていました。 今は、胸やけの症状はありません。 治療時に腹診を必ず行うのですが、右上前腸骨棘の内縁に圧痛が強く、臍に向かって放散痛が生じる。 盲腸ガンの後からずっと生じているそうで、医師からは癒着しているので仕方がないと言われているそうです。 右大腿部前外側に殺の触れを行いました。 右大腿部前外側 を選択した理由は、鍵手のセンサーで両手が合わさったからです。 クルクル動作は大腿部を中心に身体全身を取り巻いて、全身の体液の流れが良くなり、 パーで不具合を飛ばしている感じかな?と考えております。 施術の後は患者さんに思いっきり、腹部を押さえても放散痛も圧痛も生じませんでした。 患者さんからは、「不思議??術後からずっと痛かったのですよ。」と感想をいただきました。 今迄は治らない前提だった症状が普通に改善したりすると本当にうれしい限りです。 千葉先生 いつも素晴らしい相伝ありがとうございました。 京都市 四条大宮 三輪 哲朗    

2019

10月

21

臨床報告

【臨床報告】構音障害 三輪哲朗先生

最新セミナー詳細御案内はこちらからご覧いただけます お申込みはこちらからどうぞ 最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます 正伝妙見活法協会 前野 功妙経 会長 千葉 吉胤妙星 司家 由利 はるな司家秘書 会員の皆様 いつもお世話になっております。 天帝丁之活と天之瑞穂之法術をお借りしての症例を報告します。よろしくお願いいたします。 患者 70代 女性 元保育士 大学非常勤講師 主訴 構音障害 1か月前から徐々に声が出しずらくなる。保育の研究を大学で行っており、検査をするに辺り発生が必須となる。 神経内科にて検査を受けるとMRIにて小さな脳梗塞が発見される。脳梗塞自体は経過が経っているので、 服薬と言語療法のリハビリを行うことになった。 当院には腰痛が主に治療に来院されていた。治療時に構音障害を何とかできないのか?と相談されて治療をすることになった。 まず、言語療法で使用している文章を治療前に一回読んでもらった。 〇読むスピードが遅い 〇よく間違えて読んでしまう 〇 声に勢いがない 〇本人曰く、濁音が言いづらい 四点の特徴があった。 〇天帝丁之活にて仰臥位でT型になってもらい、上半身を起こしてもらう方法 〇天之逆鉾の法術 上肢を用いる方法 〇天之瑞穂之法術にて浮腫みを改善する方法をお借りした。 もう一度、同じ文章を読んでもらうと 〇 読むスピードが速くなる。 〇 間違えが少なくなる。 〇 発声が大きくなる 〇 濁音がスムーズに読める などの変化が出ました。 動画にて治療ん効果を患者さんに確認してもらうと、すごく驚かれました。 そして「この状態で言語療法を頑張ります。」と言っていただきました。 一瞬にて構音障害が改善して、患者さんのリハビリへの意欲が増したのは、すごくうれしい結果だと思います。 千葉先生 いつも驚きの相伝ありがとうございました。 京都市 四条大宮 みわ鍼灸療法院 三輪 哲朗

2019

10月

19

臨床報告

【臨床報告】足趾骨折 寺本一栄先生

最新の整体セミナー御案内はこちらからご覧いただけます お申込みはこちらからどうぞ 最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます 千葉吉胤妙星司家、 前野会長、 由利はるな初日司家秘書、 正伝妙見活法協会会員の皆様、 いつもお世話になります。 熊本市 てらもと活法整体院 寺本 一栄です。 最近の臨床報告です。 高校1年生 右第1足趾基節骨骨折 右第1足趾基節骨骨折で高校1年生の男子が 来院され、 歩行中つまづき骨折し、2日後のバスケットボールの試合に何とか出れないかということでした。 一応病院でレントゲン撮影し、間違いなく骨折で骨が離れずヒビが入った状態です。 また、結構腫れがあり指を動かしたり体重をかけたり歩くのも痛みがある状態でした。 まず立位で北辰応天之活をお借りして、 体重をかけてみると痛みが無くなりました。 そして、痛めている方の足を前に出して体重をかけたり、 逆にしてつま先で踏み込んだりすると当然痛みがありました。 しかし、卍満天之法術と北辰一之活をお借りしたところ体重をかけても踏み込んでも 痛みがほぼ無くなりました。 また、指で押さえると少し痛みがあったので、 妙見光陰之活をお借りして圧痛が無くなりました。 そして、2日後のバスケットボールの試合に 出場し痛みも無く普通に出来たということです。 病院に一週間後に行き、またレントゲン撮影 すると骨も再生して病院から大丈夫と言われ、 その写真を診た先生は、 かなり驚かれていたということです。 骨折で2日後に普通に試合をこなして、 一週間で完治するとはこれまでにない 早さです。 これからも困っている方の為に、 一日でも早く回復してもらえるように 頑張ってまいります。 妙見大菩薩様、千葉吉胤妙星司家、 前野会長、由利はるな司家秘書、 正伝妙見活法協会会員の皆様、 いつもありがとうございます。 今後ともよろしくお願いいたします。 熊本県熊本市 てらもと活法整体院 寺本 一栄

参加報告

2019

11月

14

参加報告

10月愛知妙見活法研鑽会開催参加報告

       

阪野祐介会員

正伝妙見活法協会 総本部 前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家 正伝妙見活法協会会員の皆様   こんにちは。 お世話になります、愛知妙見活法研鑽会 共同代表幹事 阪野祐介です。   千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、この度は会員の皆様と研鑽し合える機会を作ってくださり、誠にありがとうございます。 10/23 10:00〜 共和 阪野活法整体院にて「第24回愛知妙見活法研鑽会」を開催させていただきました。 今回は愛知・岐阜より5名の会員が参加されました。 最初に日々の臨床における情報共有・質疑応答を行いその後に実技の練習を行いました。 【情報共有・質疑応答】   <松野会員> ・教伝会の頭骨・耳の操作法がうまくいかない <吉田会員> ・教伝会の耳の操作法が臨床でうまくいっている ・教伝会の頭骨の作法がうまくいかない <冨田会員> ・「天帝丁之活」を良くお借りしている ・「天之霧島之活」の反り腰がうまくいかない 【実技】   最初に頭骨の操作法を復習しました。 個人的に頭骨の操作法はただ押し込むだけではうまくいきませんでしたが 楕円を描くように皮膚の操作を行うとうまく決まることが多かったです。 研鑽し合う中で感じたことは滑ってしまうまく固定できていないこと しっかりと頭部を固定することができるとうまくいくように思いました。 次に耳の操作法を吉田会員に披露してくださいました。 松野会員も納得の効果を得られていました。 耳の操作法だけに聴力=張力が抜けてしまうと質の転換が起こりにくいのではと感じました。 認識をした上で作法に則ることで理業一致に近づきます。 小手先の操作法のみならず肉体と精神を一致させることが大事だと思いました。 次に側頭部の操作法により力が入りやすくなる立位の状態で腕相撲を練習を行いました。 しっかりと締めることで頭=天が固定され天が北極星のごとく不動になることで北極星のように動き出るのではないかと思いました。   最近では活殺自在の作法をご教授いただいております。 活殺が自在にできるようになれば一瞬治療に一歩近づけると感じています。 今後も皆様と共に研鑽してまいります。   【総括】 参加された会員の皆様が能動的に発言・行動していただいたお陰で一つの視点だけでなく複数の視点で研鑽することができました。   ありがとうございました。   研鑽会は学びの多い貴重な機会です。研鑽会に来るとほんの数分で悩みが解決します。 途中で学び始めた会員の方は教伝会の時に学ぶことができない以前の教伝会の内容を学ぶことができますし、 既に学んでいる会員としては自分ができていないと教えることはできませんので良い復習の機会となります。 第4螺旋に突入し完全立体の高次元療法の世界に入っています。 平面でなく立体的思考・立体的作法となり活殺自在の領域に足を踏み入れています。 今回は頭骨の作法にていかに活殺自在の状態を作ることができるのか試行錯誤しながら研鑽し合いました。 一つの視点ではなく複数の視点で考察することで自分では気付いていなかったことが発見できます。 同じ教導を受けた会員同士で研鑽し合うことは手技を磨くことに繋がります。 またDVDではわからない圧や方向などの細かい点は参加した会員から共有することができます。 研鑽会は学びの多い貴重な機会です。 間違っていた箇所があったとしてもそれにいち早く気づくことができ反省してUターンできる場が研鑽会です。 一人ではなく心強い会員同士で同じベクトルで研鑽しあうことができます。 地道に、着実に進んでいくためにも研鑽会は貴重な機会であると思います。 今回も学び多き時間を共に過ごさせていただき皆様に感謝致します。 これからも研鑽を積み重ねていき質を高めてまいります。   前野会長、千葉司家、 教伝会以外の場で研鑽する機会を与えてくださりありがとうございます。 参加された会員の皆様、 遠方よりお越しくださり一緒に練習してくだだりありがとうございました。 お陰様で貴重な学びを得ることができました。 これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。 どうぞ宜しくお願い致します。 いつもありがとうございます。   愛知共和妙見活法研鑽会 共同代表幹事 阪野祐介  

岐阜県 大脇猛妙元会員

  正伝妙見活法協会会員の皆様お世話になっております。 岐阜県瑞浪市 龍門整体療法院大脇妙元です。 10月23日開催 愛知研鑽会の参加報告を送らせて頂きます。   教伝会でご教授頂いた頭骨一瞬治療 天帝一条之活の復習を中心に研鑽いたしました。 耳鳴り、反り腰、肩甲骨の不具合など、頭骨を起点に調整する練習を皆で確認し合いながら、触りの感覚をとにかく磨いていきました。   天帝一条之活の作法を大切に、症状を追っかけないよう気をつけ、過去の相伝も振り返りながら正確な操作ができるまで練習していきました。 研鑽会は間違いや勘違いの修正ができて本当に助かります。 今回もおかげさまで腕に磨きがかかりました。 吉田会員が教伝会でご教授して頂いた耳と頭骨の調整により、足の突っ張りが消滅したという臨床報告も大変参考にさせて頂きました。 阪野会員、この度は充実した復習の場を提供して頂き誠にありがとうございました。 次回天帝太一之活 研鑽会は岐阜で開催いたします。 11月もよろしくお願いいたします。 岐阜県瑞浪市 大脇妙元  

愛知県 松野吉伸会員

正伝妙見活法協会 総本部 前野功妙経会長   いつもお世話になり、ありがとうございます。愛知県まつの接骨院、松野です。 第24回愛知妙見活法研鑽会が、10月23(水)共和 阪野活法整体院で開催されました。 第41回天帝一条之活の研鑽会参加者は、阪野会員、大脇会員、吉田会員、冨田会員 私の総勢 5名でした。   <呼吸器系> こめかみ(蝶形骨)の皮膚を前方に引っ張り内方向へ少し圧縮して(前上方向?)、 反対手で後頭骨を支えて「上方向」にあげる。 最初の呼吸の「呼気」時に更に、後頭骨を上方にあげて止める。 2回目の吸気時に後頭骨をさらに上げる。 3呼吸目の吸気で、一瞬にして「こめかみ側を外してから後頭骨を離して終了。 (残気をだすことで老化を止める)   <各症状別の操作法> 指先を前方(横)にする母指は後頭骨下・・・回旋 指先を上方(縦)にする母指は後頭骨下・・・前後 上肢の症状は耳を外側へ引っ張り、耳上に指をあてて操作する(首に意識を)。 下肢の症状は耳を外側へ引っ張り、耳上に指をあてて操作する(首に意識を)。 可動域が最大のところで離す。 <正座してこめかみを触れての前屈> 皮膚を上方へ引き、楕円形状で行う。 <立位の腕相撲> 横から締める(頸椎を上げる)・・・強くなる・・・頭を締めてから手を組む (術者が組ませる)。 前後で締める(頸椎を下げる?)・・・弱くなる 上記は頸部の「殺」「活」を意識することで、接触手に余分な力を入れなくても 会員同士では、比較的うまくできました。 教伝会の最初に行いました、 頭蓋骨の側頭骨と冠状縫合線上を挟み押圧し、首を圧縮方向へ肘で操作し「殺」を作り 玄武まで一条之道を通すことで機能低下させ、一瞬で離すことで天地を繋ぐ。 首を意識することで、指の圧縮が増してしまい不快感を与えてしまいます。 受け手の時も指を強く感じ、その後に気分が悪くなります。 指ではなく手掌と身体の使い方が肝ではないかと推測しましたが、なかなか思い通り にはいきませんでした。   今後の課題も増えましたが、大変有意義でとても楽しい研鑽会でした。 各会員の皆様、お世話になりありがとうございました。 次回もよろしくお願い致します。   愛知県まつの接骨院 松野 吉伸  

愛知県 吉田晃会員

前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家、会員の諸先生方、いつもお世話になっております。 愛知県稲沢市 吉田接骨院の吉田 晃です。   この度、10月23日(水)に愛知県大府市 共和 阪野活法整体院にて開催された愛知妙見活法研鑽会に参加させて いただきましたので、ご報告させていただきます。   今回は、頭蓋骨一瞬治療の復習ができる機会を設けていただき感謝いたします。 天は頭蓋骨、地は血液   脳(頭蓋骨)と血液とのつながり このつながりをいかにスムーズなものにしていくか まずは、天帝一条之活を行ったときに。うまくいかない点について共有をいたしました。 まずは、松野会員より耳を引っ張りながらの天帝一条之活がうまくいかないとの話があり、皆で練習をおこないました。 私は、臨床の場で頭蓋と頸椎を電球に見立てて押し込み、殺が入っている状態となると足が上がりにくくなるというのがなかなかうまくできず、何度も研鑽をさせていただきました。 その練習のなかで、阪野会員より「頭蓋から頸椎に向かってただ押し込むのではなく、楕円をいれるようにして行ってはどうか」というアドバイスがあり、大変参考になりました。 そして、どんな活法を行うにしても、患者さんへの言葉がけが大切であることを今回改めて学ばせていただきました。 久しぶりに10月教伝会に参加し、復習のため研鑽会に参加させていただきました。 どうしても、自分の考えだけで行うと間違っていることがあり、研鑽会では他の会員から指摘を受けてできるようになります。 また教伝会で同じことを学んでも、いろんな応用が瞬時にできてしまう会員もおられます。   研鑽会に参加すると、そういう会員と同空間を共有でき本当にありがたいです。 研鑽会は和やかな場であり、楽しみにしております。 もし研鑽会がなかったら、教伝会の復習をする機会が全くなく、どうしても自己流になってしまい、臨床の場でうまく妙見活法をお借りすることができません。 研鑽会あってのものと深く感謝しております。 これからも、できるだけ研鑽会に出席したいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。 簡単ではございますが、愛知妙見活法研鑽会の参加報告とさせていただきます。 愛知県稲沢市 吉田接骨院 吉田 晃  

愛知県 冨田恵司会員

  10/23 愛知研鑚会 参加報告 愛知県豊橋市豊橋薬師活法整体院 冨田恵司です。   阪野会員の治療院で研鑽会が開催されました。 天帝一条之活を中心に研鑚いたしました。 まず私は首が痛かったため北辰一条之活を受けました。 稼働範囲が大きくなり痛みが減少しました。   ・殺の触れ 楕円の動きを入れると「殺」になりやすいとアドバイスがありました。 確かにそれで精度は上がりました。   受けてみても少し足が上げにくくなる感じはありました。 「殺」は法道之活であり、入口と出口、一筋縄のようにはいきません。 まだまだ重ねていく作法があると思いますが、色々練ってみて修練の繰り返しと思います。 あと言語をうまく使う事で、流れが変わります。技法だけに囚われず、言語に着目してみました。 相手への寄り添い、説明や道引きなどをさりげなく良い間で言行一致でやっていく必要がありますが、技が未熟な上、言語も無いと、良い結果は得られません。 腕相撲で縦と横の触れで行ないました。 しかし勝負で目に見える差は生まれなく、言われて何となくそんな気がする。といった感じでした。   触れ方が良くなかったのか、位置が良くなかったのか。 となりますが、 特に研鑚会では技法に意識が集まりがちなので、皆で「言葉」に着目して研鑚するのは有意義でした。 受け手の「ブロック外し」には言語は重要です。 稀に活の効きが薄い患者さんがいます。 私は個性で天地人の問題と捉えてましたが、何とか打開を考えていました。 言語誘導は大きな助けになります。 改めて言語の大事を認識しました。 参加された会員の皆様 ありがとうございました。   愛知県豊橋市 豊橋薬師活法整体院 冨田恵司

2019

11月

9

参加報告

11/3 第42回教伝会 天帝太一之活 内臓瞬間調整 活法整体セミナー参加報告No2

最新整体セミナーの御案内はこちらからご覧いただけます お申込みはこちらからどうぞ 最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます 【整体セミナー活法1】

山下建先生 神奈川県横浜市

教伝会の開催をありがとうございます!! 天帝太一之活/ 準備状態。 坂下会員が「アイドリング」と言っていましたが、イメージがつきやすかったです。 豊受はニュートラルな凪の状態で、 太一は、太極図のふたつの勾玉(気流、気龍)がより渦巻いてる状態なのかなと。 ロータリーエンジンなどは勾玉の形象ですし、繋がっている気がします。 太陽が昇ることは沈むことも含まれている。 赤ちゃんがオギャーと産まれたら死に向かっている。活殺への渦巻き。 最初の「触れ」への重要性を再認識しました。 一線を引く、または平行の導きは、バイクなどのクラッチをきる寸止め状態なのかなと。 また腰らく塾の腰痛撃退法のすっきり起き上がれる方法をご教示していただきました。 わかさに載っていたやり方より、患者さんに伝えやすい内容なのかなと感じましたし、自分自身、朝の起き上がりが違います。 北斗起承(この字でしたか、、)をセルフでできるスーパーなセルフケアでした。 まさに準備、アイドリング状態で暖まり勢いよく活動して行けてます。 私はエネルギーが一極集中してますので隅々まで行き渡らせるようにして参ります^ - ^ 現場で内臓調整、お借りして参ります! ありがとうございました! 【整体セミナー活法2】

松井孝之先生 大阪府大阪市

11月3日開催の教伝会に参加させていただいたので参加報告を送らせていただきます。 今回の教伝会は天帝太一之活で、祝詞の際にも天帝太一が出てくるので凄く楽しみにしておりました。 内容は今回もすごかったです。 特に衝撃を受けたところは 「準備」 というところです。 ジャンプするためにはしゃがまなければいけません。 立つためには座らなければいけません。 その前段階の準備の触れを教えていただきました。 一触れで一瞬に変化させるのは事前の準備をしておかなければいけません。 結果の8割は準備で決まると言われています。 その触れの極意を教えていただき、今までの活法が全てバージョンアップすると思いました。 触れ以外にもどんな言葉をかけるのかについてもおっしゃられており、かなり奥の深いことでした。 自分で考えてどんなことにも応用できそうです。 実技においても太陽神経叢の調整はすごいものでした。 その他にも内臓下垂のさらに奥の部分を教えていただいたり、 腰らく塾のセルフケアの説明も教えていただき、患者さんに説明しやすくなりました。 早速患者さんに指導するのですが、みなさん起き上がりやすさに驚かれていました(笑) 千葉司家、今回もありがとうございます。 大阪 松井孝之  

2019

11月

8

参加報告

11/3 第42回教伝会 天帝太一之活 内臓瞬間調整 活法整体セミナー参加報告No1

最新整体セミナー御案内はこちらからご覧いただけます お申込みはこちらからどうぞ 最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みできます 【整体セミナー活法1】

阪野祐介先生 愛知県大府市

正伝妙見活法協会 総本部 前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家 正伝妙見活法協会会員の皆様 こんにちは。 愛知県大府市 共和阪野活法整体院の阪野です。 11/3に第42回正伝妙見活法教伝会 が開催されました。 参加させていただきましたので 感想を送らせていただきます。 テーマは、 下降と上昇ベクトルの整体法 「大地の根ざしと空への同調」 相伝は、 『天帝太一之活』 内臓を調整する作法が公開されるなんて… 【天帝太一は日の出の勢力なり  天帝太一は日の入りの収力なり  天帝太一は勢力と収力の合成なり】 千葉司家は仰られました。 「今回は内臓調整を具体的に説明していく」 腹部に触れずに内臓を調整する作法を 丁寧にご教授いただきました。 そして今回はスペシャルな特典として 前日の奥伝会に公開してくださった 「坐骨掴み」の作法をご教授いただきました。 坐骨神経痛は地に乗っているので 「太一之活」とも関係が深い内容でした。 最初に妙見問答がありました・ 「勢力と収力の合成とは?」 勢いと収まりの合成? スタートとゴールの合成? その場で全く閃かなかったのが無念でした。 答えは考えていたことにかすりもしないものでした。 詳細はDVDをご参照ください。 【内臓下垂の一瞬消去】 内臓下垂の一瞬消去のためには まず神経を掴む・触れることが重要です。 いきなり「坐骨掴み」に移るのではなく 太い坐骨神経をしっかり掴む練習が行われました。 実際に練習しますとうまくできません… 指がバラバラに握ってしまって うまく再現することができませんでした。 そのことを千葉司家に質問しますと なんてことでしょう、その場で問題が解決できました。 押すのではなく引く… 妙見活法はやはり引き算の世界でした。 できない、わからないことは それぞれの会員の認識力・理解力がありますので 人それぞれ異なります。 どんな質問を投げかけても その会員の状態に合わせて やりやすい作法をご教授いただくことができます。 わからないことを質問してその場で教導いただけるのは 参加されている会員の特権です。 遠方より足を運んで参加されている会員も 多々いらっしゃいます。 遠慮していたら勿体ありません。 能動的に前に出て実際に体感することは かけがえのない財産になります。 活用しない手はありませんね。 今回の基本のテーマが「準備」 準備されている世界をいかに作るのか… 教えの深さに気づいた幸田会員は 終始感動されていました。 リアクションは薄いのですが めちゃくちゃ感動しています。 会話をしていて感じたことですが これまで教導いただいた内容に関連付け 千葉司家の話を聞いているので理解が深い。 「あれがこうだったのかぁ~なるほど~」 日々の臨床でいかに試行錯誤されて 取り組んでいるのかが伝わってきました。 点で終わらすのではなく線から面 そして立体的に昇華していくことで 人触れで質が転換する作法となります。 妙見活法は奥が深いですね。 【太一之活の意義は平和なり】 貴重な図式がスライドに表記されております。 詳しくはDVDをご参照ください。 太陽と地平線で「太一」が表されます。 太一の意義=合成=平和 平和とは地の世界に即した世界です。 今回の内容のポイントになっているだけに しっかりとおさえておきたい部分でした。 【縦横の同期性】 天は縦に 地は横に 天というのは縦軸 地というのは横軸 縦横を記号で表すと「十」 これは前回の「天帝丁之活」の学理講座で 解説されておりました。 ちゃんと繋がっているのですね。 【太一の整えを以って  下降を上昇に整えよ】 貴重な図式がスライドに表記されております。 詳しくはDVDをご参照ください。 正常な内臓と胃下垂の内臓が わかりやすく図式化されておりました。 胃下垂を治すと今まで腸に 溜まっていたものが出てきます。 佐々木会員が以前に胃下垂が改善されたあと 便通が良くなったお話がありました。 今回は何名の会員が便通が良くなるのでしょうか。 ちなみに翌日4回便通があったことを報告致します。 個人的に便通が良い方ですが いつもより多かったです。 他にも夜間トイレによくいくのは 胃下垂で膀胱が締まっているのが 原因のこともあるとのことでした。 腸が解放されますと免疫力が高まり 体質が良くなるので凄い相伝だと感じました。 【胃下垂の状態】 貴重な図式がスライドに表記されております。 詳しくはDVDをご参照ください。 胃下垂にも様々なタイプがあるのですね。 【太陽と地を結ぶ太一の整え】 太陽神経叢の調整法が公開されました。 その場で体が重たくなったり軽くなったり 自在に変化しました。 知らない人がこの光景を見たら 一見ヤラセのように見えるかもしれませんが 実際に重たくなったり軽くなるので不思議です。 石地蔵のように重たくなる作法を 参加者全員が体感し再現できました。 精神を患っている患者さんに 効果的なので早速お借りしたいと思います。 【奥伝予告】 膝関節調整の秘技 「天之兵主都之法術」 天之兵主都は空水同調妙法也 天之兵主都に笑気あり これ緩み也 天之兵主都に皿あり組み手あり 膝に水の気 縦横の妙を会得せよ 令和元年 十一月三日 天帝太一之活 相伝 【感想】 今回はこれまで教導いただいたことが 点から線、面、立体へと昇華する内容となっていました。 活殺自在の作法が公開されており 一つ一つ身に付けていくことで 確実に質が高まっていくことが実感できます。 実際に参加された会員と会話をしていると 自らのレベルが上がっていることを実感されている ことを耳にしています。 ヤバイ内容であることは間違いありません。 これを身につけられるかどうか いかに能動的に行動に移すかにかかっていると思います。 治療院で行動に移すのか 各相伝会で行動に移すのか 治療院でうまくいかないときは その場で問題を解決することは容易ではありませんが 各相伝会でうまくいかなかったときは その場で救いの手を差し伸べていただけます。 ある意味失敗することで上達することができます。 なんて有難いことでしょう。 坐骨神経を掴む「坐骨掴み」であっても 容易に見えますが難しい部分がありました。 掴むこと一つ取り上げても 深遠な作法がありました。 今回の作法を身につけることで 坐骨を掴むだけでなく「蓮華立正之活」も バージョンアップすることが可能となりました。 また内臓下垂を調整することができるようになれば 計り知れないメリットを提供することが可能になります。 どんどんお借りさせていただき必ず修得して 地元の患者さんに還元してまいります。 前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家、 今回も深い教導を賜り、 誠にありがとうございました。 由利はるな初日秘書、運営スタッフの皆様、 司会進行、会場設営準備、ビデオ・カメラ撮影など 見えない部分で支えてくださり、 ありがとうございました。 正伝妙見活法協会会員の皆様 実技などで大変お世話になり、 ありがとうございました。 次回の教伝会も楽しみにしております。 これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。 今後とも宜しくお願い致します。 愛知県大府市 共和阪野活法整体院 阪野祐介 【整体セミナー活法2】

佐々木真吾先生 静岡県静岡市

第42回教伝会天帝太一之活に参加をさせていただきましたので参加報告をさせていただきます。 この度のテーマは 「大地の根差しと空への同調」でした。 大地の根差しはこれまでの太一の相伝で何となくイメージできましたが、 空への同調とはいかなるものなのか? といった印象でしたが相伝内容はこれまでの活とのリンクを感じる深い内容ばかりでした。 天と地を繋げる天帝太一、 この繋ぎの過程の中に於ける問題を一瞬で合成し改善してしまうのが天帝太一之活ということでありました。 その作法は…『準備』。 “備えあれば憂いなし”と言ったところでしょうか、 我々は一般的に先へ先へと捉えすぎて結果しか期待しません。 泥棒を捕らえて縄を綯う、状態です。 これを転換させるのが天帝太一之活。 物事は下準備が何事も大切であります、 仕込み八割や準備8割など 仕事でうまくいくのは80%は準備で決まると言いますし、 “段取り八分仕事二分”という言葉があるくらいで 仕込みをしておけば八割は成立している、 という完成された形を構築することが出来るのでしょうか。 後の二割は上手く回せばよいのですね。 始まる準備ができていれば終わる準備が出来ていて 終えた準備が出来ていれば始まる準備が出来ている、 この辺は久遠常在ですね、 結果の形が先に構築されていれば こんなに安心なことはありません。 車のエンジン機構も一発目の回転が始まれば 内燃機構により勝手に圧縮から膨張までのサイクルが勝手に始まり燃料が途切れない限り廻り続けますね。 結果として起こることを常に過程の中に踏まえ 常にその状態を潜在化させる、 ポテンシャルの高まりそのものではないでしょうか。 そして、太一の意義は“平和”。 均一化の広がりをみせるのが太一の意義でした。 凸凹の差が取れて出てこ無くなり均一化が進めば平穏な世界になります。 悟りの世界がより明確になって参りました。 平和な状態が体内において構築されれば平穏な毎日が訪れることでしょう。 お尻の都合も毎日糞詰まりと下り超特急の往来では会社に出勤するのも辛いものです。 いつ発射するかわかりません…。 作法においても術者の手を以て足がかりにし 患者さんの中身が上がりたがるという合成を行い、 足下ベクトルへ下がりたがる実の作法に 天へ上に戻りたがるという虚の戻りの作法が勝手に起こる状態が構築されました。 この度はデモンストレーションとして内蔵挙上をしていただきましたが中身が頭の上方へと持ち上がる感覚をダイレクトに感じることが出来ます。 日頃は立っていることばかりで重力に対して逆の力を感じるということはほとんどないので こういう合成された感覚を感じると 特有の浮き上がるような状態になりました。 特に内臓が下垂しているような方には 中身が引き上げられる感覚になるのではないかと思います。 これらは肚の操作ということで太陽神経叢の治療となり 精神的問題を抱える方も有効だということですので 幅広い応用が臨床で出来るのではないかと感じました。 最後に朝の起き上がりの時に一発で起床できる作法を教示していただきましたが 脳を活性化させ膿脊髄液を循環させるという凄技でした。 体験すると仰向けでジャックナイフのように スポーンと起き上がり体がシャキッとします。 セルフ北斗起承と言ったところでしょうか。 朝起きたときに行うとなんなく日常をスタートできます。 この度は胃下垂を初め内蔵挙上、 座骨神経痛からの脱却など日常において多く見られる症状の対応方法が濃密に相伝されました。 暫くはこの作法を来た方に片っ端からお借りさせていただきます、 より精度が上がるよう精進し平和な環境を構築できるよう精進したいと思います。 以上で天帝太一之活教伝会参加報告とさせていただきます。 千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 ハッピー秘書 参加された皆様 このたびも有り難う御座いました。 静岡県静岡市 長生館 佐々木真吾 【整体セミナー活法3】

伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

私、伊藤からも参加報告をさせていただきます。 第四螺旋の『天帝太一之活』は 広がりと縮みが織り成す世界でした。 指の広がりにより起こる作用と 縮みにより起こる作用には驚きの連続でした。 冒頭に司家より 『合成とは何か?』という問いがありました。 私の答えでは合わさって成す、ということで 「真ん中でどっちにもいける」と考えでしたが 全くの的外れでした。 ですが私としては 毎回司家より頂く問いかけは いつも「どのような考えなのだろう?」と 楽しみながら考えさせていただいています。 結果撃沈ですが… 坐骨神経を掴む、 握力の指の作法も 動作としては簡単でありながら 実際に行うとなかなか出来ないものです。 表面だけで出来るのか、 根本を理解して、実際の作用を起こせるのか、では 雲泥の差です。 直接司家に触れていただくのと 自分の中だけで〈勝手に〉思う動きでは全く違います。 できるだけ触れていただいて細かくお聞きすることが 明日からの現場での結果も変わってきます。 胃下垂治療の膝の引きも 皆さん苦戦されていましたが、質問があることで さらに細かい作法を学ぶことが出来ました。 学びの場は一方的ではなく 参加された皆様と共に作り上げていくことで 素晴らしい学びの時間となります。 今回も参加されました皆様に感謝いたします。 ありがとうございます。 次回も素晴らしい教伝会になるよう 皆様と一緒に盛り上げていきたいと思います。 千葉吉胤妙星司家 この度の教伝会も素晴らしい学び賜りまして 誠にありがとうございます。 早速現場にて研鑽してまいります。 今後もご指導宜しくお願い致します。 宮城県白石市 白石接骨院いとう 伊藤良太一玄

2019

11月

7

参加報告

11/2 奥伝会 天帝一条之活 頭蓋骨瞬間調整 奥伝其弐 活法整体セミナー

最新整体セミナー御案内はこちらからご覧いただけます お申込みはこちらからどうぞ 最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます 【整体セミナー活法1】

梅原二郎妙順先生 東京都府中市

11月3日に開催していただいた奥伝会の参加報告を送らさせていただきます。 この日は某会員が検査に膵臓の管が太くなっていると医者から言われたと千葉司家に相談されたそうです。 膵臓の調子が悪くなると腰痛、みぞうちが思わしくない、尿が濁る、という症状が出ます。 早速、七道之法術による膵臓の治療を千葉司家はその会員にしてくださいました。 そして、施術後すぐに「トイレに行っておしっこしてきて」とおっしゃいました。 膵臓の調子がよくなると濁った尿がきれいになるそうです。 そして、 「七道之法術による膵臓の治療をすると一瞬で体内の水の質が変わるから濁りがなくなる」 とおっしゃいました。 「いやいや、いくらなんでも膀胱の中に溜まった尿の質がその場で変わるなんてありえないでしょ?!」 と私は内心思ってしまいました。 トイレから出てきた某会員に「どうだった?」と千葉司家が聞くと 「いつもより濁りがだいぶ少なかったです」とのことでした。 「え~、マジか!そんなことがあるのか!」と驚きました。 千葉司家は「3日後の再検査でよくなっていてて医者も驚くよ」と自信を持って言われました。 七道之法術は威力、凄さ、というか神業としか言いようのない結果に感服いたしました。 そして、会員の悩みをその場で解決させてくださる千葉司家の会員に対する思い、仁の心に感動いたしました。 冒頭から驚愕の施術が始まった奥伝会ですが、次に胃下垂の施術を相伝してくださいました。 胃が落ちすぎると腸を圧迫するので便の出が悪くなり、宿便が溜まるそうです。 以前の武伝会で○○会員が胃下垂の施術を千葉司家にしていただいた翌日びっくりするほど便が出まくった という報告がありましたが、その理由が分かりました。 七道之法術による胃下垂の治療では最後に頸椎をスラストされました。 頸椎のスラストと言っても勢いをつけるわけでもなく、 ゆっくりと少し回旋させるだけで勝手にポコポコと静かに音をたて矯正させていました。 なんであんなにゆっくりと少し回旋させただけで勝手にポコポコと静かに音をたて矯正されてしまうのか? 七道之法術の摩訶不思議な作用に驚くばかりでした。 次に私が20歳ごろから左の腎臓の痛みが常にあるので、千葉司家に施術していただきました。 私の長年の左の腎臓の痛みはその場で消失し、24時間以上たった現在も痛みが出ておりません。 私の長年の左の腎臓の痛みを治していただき、深く感謝申し上げます。 それから七道之法術による坐骨神経痛の治療法、お姉さん座りでの腰の痛みの治療法を教えていただきました。 普段、お姉さん座りなどをすることがなかったので気がつかなかったのですが、 左右どちらかに違和感、痛みがあることがわかりました。 私の場合、足を左側にしてお姉さん座りをすると腰のあたりに痛みを改善されました。 七道之法術によるお姉さん座りでの腰の痛みの治療法を〇〇会員にしてもらったら スムーズに足を左側にしてお姉さん座りをすることが出来るようになりました。 この七道之法術によるお姉さん座りでの腰の痛みの治療法は骨盤の捻じれ、そして側弯症の改善に効果があると感じました。 といいますか、絶対にありますよ! その後も七道之法術の手首の固さの改善、腕の挙上の固さの改善を相伝いただきました。 その中で驚きの事実がありました。 七道之法術は頭部からのアプローチに限った事ではないということです。 ふくらはぎでも指だけでも七道之法術の術理の触れで一瞬で改善されてしまうのです。 この触れだけでも施術の質が高まってしまうということです。 そして圧巻は坐骨神経をダイレクトにつかんでしまう操法です。 長年の股関節の固さでほとんどしゃがめない某会員がその場で深くしゃがめるようになりました(゜o゜) それもペシャンと落ちる感じです。 私は天帝之法道之活を相伝していただいてから神経に対するアプローチを多用するようになったのですが、 今回教えていただいた坐骨神経をダイレクトにつかんでしまう操法は圧巻でした! 連休が明けたらの施術が楽しみでなりません。 そして再び某会員の膵臓の施術をしてくださいました。 冒頭の操法とは全く違うやり方です。 某会員の3日後の検査報告が私も楽しみです。 最後に霧島之活のスペシャルバージョンを相伝してくださいました。 お腹の張りや胃痛、膨満感がその場で改善されてしまいます。 私はこの数日消化不良による胃の膨満感が続いていたのですが、 ○○会員に霧島之活のスペシャルバージョンをしていただいたらその場でお腹全体がユルユルになっていました(゜o゜) 千葉司家曰く「これからは按腹などでお腹に触れる必要はないからね!」とのことでした。 霧島之活のスペシャルバージョンは自律神経の乱れの改善に威力があるのは間違いないと思います。 千葉司家、この度も凄すぎる操法を沢山教えてくださいましてありがとうございました。 東京都府中市 紅葉丘整骨院 梅原二郎妙順 【整体セミナー活法2】

伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

整体セミナー 奥伝会参加報告をさせていただきます。 天之七道之法術の使い分けとコツを詳しくご教授頂きました。 『妙見活法は深くなるほど簡単になる』 目の当たりにした学びでした。 指先だけで… 患部とは離れたところで… 膝のお皿で!? と自在な認識によって変わるのです。 「思い込み」ということも 一つのポイントかもしれません。 ○○会員のお陰様により 膵臓の治療法も公開していただきました。 治療後からは尿の濁りが無くなると司家は仰いました。 (内心「えぇーっ!」でした) そしてその後直ぐに濁りが薄くなったということです。 人を超えた世界をまた目の当たりにしました。 最近毎回書いていますが妙見活法凄すぎます! この他にも坐骨神経痛の治療法や霧島之活で腹部へのアプローチ方法も公開してくださいました。 坐骨神経を掴むのが皆さん苦労されていたのが印象的でした。 司家は一度でギュッときますが会員同士で練習していると 「ここ?ここでいい?」 という会話が飛び交っていて私自身も研鑽が必要と強く感じました。 今回の奥伝会のポイントは『自在による認識』でした。 回す?外れる?上下? 認識をもってお借りさせていただきます。 千葉吉胤妙星司家 素晴らしい学びをご教導賜りまして誠にありがとうございました。 地域に喜ばれるよう研鑽してまいります。 今後もご指導宜しくお願いいたします。 宮城県白石市 白石接骨院いとう  伊藤良太一玄

2019

11月

5

参加報告

11/3 第42回教伝会 天帝太一之活 内臓瞬間調整 活法整体セミナー 開催報告

最新整体セミナー御案内はこちらからご覧いただけます お申込みはこちらからどうぞ 最新整体セミナーDVDはこちらからお申込みができます 【整体セミナー活法1】 天帝太一は日の出の勢力なり 天帝太一は日の入りの収力なり 天帝太一は勢力と収力の合成なり 天帝=妙見 太一=天と地のつながり 「合成」とは・・・「準備」 【整体セミナー活法2】 テーマ 下降と上昇のベクトル整体法「大地の根差しと空への同調」 内臓下垂の一瞬消去~太一の作用は上昇なり~ ~太一の作用は下降なり~ 実技 坐骨神経をつかみ膝の屈伸を楽にする施術 つかみの触れの詳細教授  「指頭」を使ったコツ 「握力」を高めて精度を高める練習コツ伝授 豊受の手の活用 ジャンプから学ぶ「準備」の重要な動作の要素解説 5本指を上手く連動してさらに精度アップする教授 「ガチョーン」から学ぶ妙見の引き算の世界 手を出すだけで相手の手が出てします方法から学ぶ「準備」の世界 言語誘導から学ぶ「準備」の世界 検査の手 治療の手 を「準備」からの学びで活かす絶妙な効果アップ方法 「うっすら」の言語で更に患者さんを上手に活かすコツ伝授 太一⇒「準備」できてる世界をいかに作るかが大事という話 【整体セミナー活法3】 太一の意義は平和なり 太陽と水平線=太一 太一の意義は平和 平和とは争いのないおさまっている世界 天之瑞穂之法術を太一の触れの手を活かして更に精度アップする大切なコツ伝授 手の閉じ方 手の開き方の絶妙なコツを学びさらに精度アップ 千葉先生の実技 妙見活法のやさしい頚椎スラスト 静かに収めるデモンストレーション 「準備」から学ぶ治療の終わり方の重要なコツ伝授  千葉先生の集団治療の極意コツ伝授 「隠す」の極意 見えそうで見えない わかりそうでわからない 絶妙なギリギリラインのコツ 【整体セミナー活法4】 実技「準備」の触れ方で 股関節を瞬時に柔軟にする実技 足関節を柔軟にする実技 地に根差す動きで頭をコントロールすることで天帝太一之活を更に精度アップ 出っ張っているところを平らにする事象から学ぶ 広がりの世界を作る活法 平和の意義意味 平均化 豊かさの広がりが平和の真理 貧富の差から学ぶ 平和な世界の活法 押圧をする場合の妙見活法の極意で更に効果アップする方法 【整体セミナー活法5】 縦横の同期性 天は縦に 血は横に  縦横=十分  太一の整えを以て 下降を上昇に整えよ  胃下垂の状態 胃下垂による他の内臓の圧迫させることによって起こる様々な症状疾患の危惧 解説講話 【整体セミナー活法6】 実技 太一の内蔵調整  手順と理論解説 腸の働きが改善して免疫力が高まる 体質強化の話 動かさない状態を作り 内臓アップする理論と実技 開く手 閉じる手の触れの更なる極意伝授 千葉先生の患者さんの漢方薬の話から学ぶ 体質改善の矛盾と妙見活法での理にかなった経過 喘息も改善 胃下垂解消で起こる改善の道理解説 膵臓の障害と睡眠障害の話 前日 奥伝会での会員への治療経過報告 千葉先生のお父様「月辰社」における内蔵調整のお話から学ぶ治療業界 手技療法業界の未来 【整体セミナー活法7】 実技 太一の活法を極める実技指導  小指の活かし方 平行の重要な触れのコツ 平行 縦横 の世界を重ねてさらに精度を高めるコツ  身体の状態が改善するのは 平行が2つの連なりで平和になる至極当然の循環器世界の話実技 【整体セミナー活法8】 呼吸器 消化器 循環器 精神 太陽と地を結ぶ 太一の整え 「太陽神経叢」を整えて症状改善する方法「石地蔵」参加者全員に手解き 腹の座ったどっしりとした状態になる 中心を整えて改善 反対の所作で軽くなってしまう活殺自在  言語が上手くしゃべれなくなる逆の作用の実証 解消することで滑舌までさらに良くなる実証 上手く整えが起こる 手の広がりと無限の世界の作り方 精神疾患に非常に適応する道理の解説 行動抑制による中心が整わない世界から起こる疾患症状の解説 【整体セミナー活法9】 「人前で上がってしまう」解消方法  千葉先生の実際に行う妙見活法の作法の極意 「準備」の極意 0からの始まりではなく 1からの始まり から学ぶ 【整体セミナー活法10】 必見!!「腰らく塾」 10月30日発売 掲載記念 朝の起きた時の「準備」の方法  参加者全員で体感体現 朝の起き上がりから学ぶ腰痛解消法  仙骨 後頭骨 の働きを活性化して 脳脊髄液の流れを良くする方法 極意解説 上手く活用できない方への変則方法 「夜寝る前の作法」 夜寝る前に行い ぐっすり休める方法 【整体セミナー活法11】 奥伝予告 天之兵主部の法術 膝関節調整の秘技   ヒントはカッパ!? 奥伝会の教導もお楽しみに!! 以上 令和元年11月3日開催 第42回正伝妙見活法協会教伝会 総本部開催報告 文責 前野

お問い合わせ

歴史ある正伝妙見活法協会、定期的に開催する整体セミナーについて、
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合せ下さい。